サクラみそ食品 公式ホームページ official website :  2019 :  8月

8月, 2019年

天ぷらのトッピング!

2019-08-16

こんにちは!サクラみその天ぷらブログ担当の内村です。

今回は、天ぷらにトッピングされている具材について紹介させて頂きます。

皆さんもカップうどん、カップそばなど食べられる事があると思いますが、よく見かけられるのは、えびや、揚げ玉といったものでしょうか。

サクラみそでも、もちろんえびや揚げ玉をトッピングする事が出来ますが、そのトッピングする具材について紹介させて頂きます。

1)えび

  3種類のえびを使い分けしています。

①無頭乾燥川えび           ②着色素干しアミエビ    ③素干しアミエビ 

 

2)千切り人参

3)笹がきごぼう

4)揚げ玉

  3種類の揚げ玉を使い分けしています。

①コーン風味揚げ玉       ②青さ風味揚げ玉         ③紅生姜揚げ玉

 

 

トッピングの種類は、大きく分けるとこんな感じです。

お客様のニーズに合わせて、トッピングを組み合わせて、製造を行っています。

例えば、着色素干しアミエビ、紅生姜揚げ玉、コーン風味揚げ玉、青さ風味揚げ玉だとこんな感じですかね。

笹がきごぼうだとこんな感じです。

サクラみそでは、約180℃の高温でフライした後、乾燥庫に天ぷらを入れ、水分を約3%ぐらいにします。

カップ麺のスープに付けて食べる時に、固くて食べられないようなもので無ければ、色々と条件がありますが、お客様のご要望に合わせて天ぷらを作る事が可能です。

カップ麺の具材を探されているお客様は、是非、一度お問い合わせ頂ければ幸いです。

 

 





「蔵出し 食べる味噌」 第3弾開発状況!

2019-08-09

こんにちは、サクラみそ食品開発部の緒方です。今回は以前ご紹介しました「蔵出し 鶏味噌、にんにく味噌」に続く第3弾「蔵出し 辛味噌(仮)」の試作開発状況についてお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今、市場ではいろんな食品の「辛い」バージョンが見受けられます。お菓子、鍋の素、調味料等、分野は様々でスーパーの売り場を見ても「辛い」=「赤い」パッケージがよく目立っています。昨年冬にスナック菓子の「カラ〇―チョ」の鍋の素が爆発的にヒットしたりと「辛い」はトレンドの一つになっているようです。そこで、弊社の味噌「蔵出し 食べる味噌シリーズ」のバリエーションの一つとして「辛味噌」を試作開発してみようとなったわけなんですが、「辛味噌」自体はこれまでも他社メーカーでも製造販売されていますので特別目新しいものではないので後発としてはどう特徴付けをしたらよいものか頭を悩ませているところです。材料は味噌に砂糖・酒・みりん等を配合し、辛味は唐辛子等を配合すればある程度形にはなりますがパンチが足りないし、特徴もない・・・。新しい製法をあみ出すか、こだわりの素材を使用するかで付加価値を持たせるか。ということで素材にこだわってみることに。元になる「味噌」はこのシリーズでは特徴の一つになっている無添加タイプの良質な合わせ味噌を使用していますが、今回の「辛味噌」では長期熟成したもの「赤味噌」に近いタイプで試作中。味付けの料理酒には「赤酒」、更に「赤柚子胡椒」で辛さをプラス。九州の「赤」素材(赤味噌、赤酒、赤柚子胡椒)を活用!これで色を赤っぽくし美味しくなるように配合割合を検討。パッケージも赤色を使い、ネーミングも「赤」を使えば多少のインパクトは出せるかな。

 

 

ということで今回はここまで。試作が進み次第またみなさんにご報告したいと思います。





ページ上部へ