サクラみそ食品 公式ホームページ official website :  2019 :  9月

9月, 2019年

天ぷら2枚入りパック工程の紹介

2019-09-14

こんにちは!サクラみその天ぷらブログ担当の内村です。

今回は、天ぷらの2枚入りパックの工程を説明させて頂きます。

サクラみそでは、カップ麺メーカーに天ぷらを納品するだけでなく、その天ぷらを、手軽に皆さんが購入できるように、天ぷらを2枚で1パックにして、スーパーで販売を行っています。

こだわりは、中身の天ぷらがシングルパックされている事ですかね。以前お話したかもしれませんが、天ぷらは乾燥剤のように外気の水分を吸収して、すぐに風味や食感が損なわれます。中の天ぷらも包装されているので、今日は1枚しか食べず、余っても安心ですね。

そこで、その2枚入りに包装しているパック工程を少しですがご紹介させて頂きます。

まずは、天ぷらを2枚重ねて、包装機に投入を行います。人の手で丁寧に機械にセットするのですが、重ね方が悪いと、後の工程で不良品が発生してしまいます。投入している作業者の動きは、正に神業と言って良いでしょう。

続いて、個包装されたフィルムとは違う、綺麗に印刷されたフィルムで2枚の天ぷらをパックしていきます。

重ね方が悪いと、ここで天ぷらがずれて、包装不良品が発生します。天ぷらの厚みも毎回同じ訳ではないので、ここでも機械を調整する人が神業の調整を行っています。

パック後は、金属検出機、ウエイトチェッカーを通り、箱詰めされていきます。

 

後は、ケースがテープで封をされて完成ですね。

今では九州内のたくさんのスーパーでサクラみその天ぷらパック品が販売されています。

まだ、サクラみその天ぷらを置いていないスーパー関係者の方、是非是非ご連絡お待ちしています。





ページ上部へ